読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シュミノコト

Pornograffitti / TEAM NACS / 舞台 / 水曜どうでしょう etc.

悪童

 

 

ジャンボリーのために悪童のDVDを買って一昨日届いたので早速観ました。

 

f:id:hagi2024:20160727151453j:image

 

基本的にNACSの芝居は脚本、演出ともにメンバーがやるけども(主にモリ)、悪童は脚本、演出ともにNACSメンバーではない人がやった作品だったのでメンバーの演技が今までとはかなり違った。

 

特にシゲの演技がすごかった。演出の違いでああも変わるんだな。脚本が同じでもNACSの誰かが演出だったらきっとあそこまで違うシゲは見れなかったハズ。シゲの新境地をみれた感じがした。

 

そもそもここ数年のシゲの演技力が伸びてるんだろうなとこの前借りた歴代の公演をみてて感じる。

下荒井の佳代役もすごく自然な女性に感じたし、WARRIORの信長役も厳格さと迫力が申し分なかった。

LOOSER、HONOR、COMPOSERに比べてみるとここ最近の作品のシゲの演技力は伸びてるし幅も広がってる。

演技は優劣じゃなくて各々個性あってそれが交わることで良いものが出来るわけだけど、敢えてNACSの中で誰が一番かというなら、シゲが最も演技力が長けてると思う。悪童ではとにかく今までのシゲがいい意味で出てなかった。ヤスケンも演技力かなりあるけど、やっぱり安田顕の演技が出てるし、モリも今回結構抑えて演技してたけどやっぱり森崎博之自身がでてる。でもシゲだけそれをあまり感じなくて、シゲがチャック役をやっているというより、チャック自身がいるという感じがした。

 

いや、でもモリも本当に抑えて演技してたな。めちゃめちゃ言われたんだろうな。モリ、抑えてって。

イナダ組の『ライナス』の時肋骨折って大きな声が出せなくなってでもそのおかげで逆にいい演技になってたっていうあの時のモリの演技ってこんな感じだったんだろうなって想像できるくらい抑えてた。物語の最後の方はもうモリ全開だったけど(笑)

でも、自分の繰り返しの日々を話す下りとかいつものモリの演技だったらもっと声出てて今回のような弱々しさは出なかったと思う。

 

そういう意味では大泉もあそこまでとんでる演技は珍しい。人形みたいなやつを叩きまくるシーンは恐怖さえ感じた。

音尾くんは役が役だから今までとの違いをみせられるとこはあまりなかったかなぁ。でもとんぺいのことで自分たちがとんぺいを追い込んだんだっていうのを話す下りではすごく優しい言い方を心がけてる感じがした。「〜だったね」っていう西くんという役そのものの台詞の言い回しもあるんだろうけど、多分今までの演出だったら最後の「ね」の音が下がってたはずのとこを、今回はその音が上がってた。その音だけで西くんの優しい性格がでてくる感じがするし、意識してるなと思った。

 

 

演出ひとつでこうも変わるものなんだなあ。

 

 

内容自体も最後でどんでん返しがあるとことかすごく面白かったけど、演出がとにかく目に付いた作品でした。

 

今日も帰ったら観よっと。

 

 

おわり。