読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シュミノコト

Pornograffitti / TEAM NACS / 舞台 / 水曜どうでしょう etc.

下荒井兄弟のスプリング、ハズ、カム

 

 

NACSの舞台をずっと観たいな〜と思ってて、今度のジャンボリーで悪童の過去をやるということもあって、観ようと思ってDVDでレンタルされてる5作、LOOSER、COMPOSER、HONOR、下荒井兄弟のスプリングハズカム、WARRIORとミスターが監督してNACS総出演した映画riverを借りて2日で全て観た。

 

なんというか、今までポルノだけを好きでいて、でもあの2人はMCも面白いわけではないしとりたてて仲が良いわけでもないからコブクロのMCとかみてて凄く羨ましかったのを覚えてる。あんな感じで話してくれたら面白いのになーと。

それで水曜どうでしょうにはまってハナタレナックス見るようになってナックスにハマって、これだわと思った。ポルノにないのはこれだわ、この仲の良さだわと思った。

 

そのナックスの舞台。やっぱ下荒井兄弟のスプリングハズカムはめちゃくちゃよかった。5人が兄弟の設定というとこからもう脚本書いた大泉洋は分かってるなと思った。シゲが末っ子の役もめちゃくちゃ合ってたしなんつーかすごいすごかった。みんな役がどハマりしてて。モリはモリそのものだったし。

 

f:id:hagi2024:20160722224729j:image 

これは本当に生で見たかった。

 

物語の流れで1つ思ったのは、健二が剛助と佳代の会話を盗聴してた時に剛助が借金してるのと借金してる会社の名前を聞いたはずだから、大洋の会社名をきいて剛助が焦ってる理由を、大洋が当たるんじゃなくて健二が言えば流れ的に自然だったのになと思った。

 

それにしても、修一が大洋に気持ちをぶつけるシーンはよかった。シゲ本当に末っ子に見えた。健二が渡したテープを聞くシーンもよかったな。あんな昔の家族の会話なんて自分が聞いても泣くわ。 でも自分がもし大洋だったら、健二と修一が、”見上げてごらん春の空を”を歌ってるとこでもうガン泣きだと思う。あの立場で父親が描いた歌を自分がギター弾いて弟達が歌ってるこの幸せといったらないわと思うと思う。しかもその歌詞があんな優しいんじゃ2人からそう言われてるようでならないわ。

 

ほんとに下荒井兄弟の人情劇は大好きだわ。これのDVDは買うことに決めた。これは買ってずっと流しながら生活する。(笑)

 

ジャンボリーのためにも悪童を一番観たかったんだけどまだレンタルされてないんだよなあ…。買うしかないか。

 

 

他の舞台の感想はまた今度書こう。

 

おわり。